旧星夜の雑記帳です。 主に趣味の事や子育ての事がダラダラと書き綴られます。 暴走する事もあるので閲覧注意(ぇ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小梅、漬けてみた1@2014
2014年06月13日 (金) | 編集 |
2013年の梅仕事はこちら
梅干、漬けてみた
梅干、漬けてみた2
梅干、漬けてみた3

去年の梅干作りが上手くいったので、今年は調子に乗って小梅にも手を出してみました(*´ω`*)
小梅は大きい梅よりも時期が早く、また売り上げもあまり伸びないらしく梅雨入りする頃にはもう売り切れ、と聞いたので、5月中旬からソワソワ。

初遭遇→おぉ~小梅だ!でもまだ瓶の用意してないしまた来週にしよっと☆
翌週→あ、あれ…大きい梅はあるけど、小梅がないっ!?Σ(゚Д゚;)
翌々週→今日見つからなかったら諦めよう…小梅アッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!←New!

P1030439-2.jpg
【材料】
・梅/紀州南高梅1kg(¥680)
・小梅/伊達の生梅3kg(¥1440)
・塩/日本のにがり塩1kg(¥188)
・赤紫蘇330g(¥198)

・ホワイトリカー(去年の残り)

消費税8%をプラスして、計2706円。
やっぱりホワイトリカーが高い!4kgなのに去年よりお安いっ(笑)
でも赤紫蘇が梅1kg用と書いてあったので、もう少し買い足すかもしれません。

【道具】
・漬ける容器(梅酒瓶)
・重石(コーヒー瓶+水)
・量り
・ボウル、ザル
・霧吹き
・キッチンペーパー、つまようじ


梅の実を洗ってヘタを取って、ホワイトリカーで容器と梅を消毒して、塩を18%でまぶして瓶にIN。
2Lペットボトルとホワイトリカー残り1.5Lを重石にしてド━(゚Д゚)━ ン !!!
写真の小梅の色が途中で違うのは、2kg下処理をした所でやめて、翌朝続きを行ったからですw
P1030447-2.jpg
小梅があまり売れない理由が分かりました。とにかくヘタ取りが大変!!!
でも瓶詰めは楽だったかな?隙間に埋め込むとか潰れないようにとかあまり考えなくていいので。

…そしてカリカリ小梅を作りたかったのに、どうやら失敗したくさい。
硬い青梅を使えばいいと思っていたら、卵の殻(カルシウム)を入れたり、塩分控えめがいいとかなんとか…。
もう半分つけちゃったし卵無いしで、試しにコーヒ瓶に500gを塩分10%で漬けて見ました。重石もいらないっぽい?
まぁ小梅ならお弁当にも使いやすいし…(´・ω・`)

ただ、小梅と普通の梅の比率は逆でよかったかなーと思いました。
普通梅2kg:小梅1kgが我が家の作りやすいサイズかな?だって小梅1kgで270粒あったんだもの…
そして赤紫蘇は梅と同じタイミングで買っちゃいけなかった。漬けて3日後に入れるのに、一緒に買ったら鮮度落ちちゃうじゃん!!

反省…(´・ω・`)

とりあえず、梅酢はしっかりあがってきているのでカビの心配はなさそうです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:食品・食べ物・食生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。