旧星夜の雑記帳です。 主に趣味の事や子育ての事がダラダラと書き綴られます。 暴走する事もあるので閲覧注意(ぇ
娘、爆誕!
2013年12月13日 (金) | 編集 |
臨月まとめ日記がまだだけれど、忘れない&ゆっくりできる最後の日なので先に書いちゃいます!
※他SNSに公開した、出産当日の記録です。
 携帯端末でざーっと書いたので、いつも以上に荒削りな文章となっております。
 シモの話もあるので苦手な方は注意してください。


娘、入院中あれこれ


20131105 朝
ハロウィン誕生日も夢となり数日経った朝、トイレに行くと「おしるし」が。
病院では「早産傾向、2週間早い」と言われていたので既に予定日2日前、正直「やっとか!」という感じ。
里帰り予定なので、通常業務の掃除・洗濯に加えて水槽掃除やヤカン磨きなど手荒れする掃除もしちゃう。

お腹は張ってるけど、「陣痛は、痛み止めを飲みたくなる生理痛」程度の痛さだと助産師さんに教わったので間隔とかは気にしなかった。
しっかり23時の緊急までアークスとして働いた(分かる人だけに分かるネタ)。Fo65/Te65になって満足。

0時過ぎに旦那帰宅。


20131106 01:00
旦那夕飯中、「痛み止めを飲みたくなる生理痛」のようになる。
とりあえず陣痛カウントアプリ起動。間隔は5分30秒~8分30秒くらいで、痛み持続1分前後。
とりあえず風呂に入る。が、しんどくなってきて介助してもらう。足先がやたら冷たくなる。

02:00
「まだ不規則だけど、絶対に本陣痛だ」と確信したので病院に電話。
「初産だしまだ不規則だしもう少し様子見ましょう」と。ちょうど8時間後に診察予約入ってるし、初産だからまだまだだろーと呑気に構えていた(向こうもこっちもね)。
気を紛らわせるのにも「猫の肉球!!」とか呟いてみたり。
これがいけなかった。


03:00
子宮が意思をもって動き始める。
横になっているより四つん這いが楽だけど寝れなくてイライラ。
旦那帰宅は献身的に介抱してくれるが、こちらの要求を100%こなせないのが煩わしくなってしまい、手を払いのける。
この時、「疲れているのにありがとう」という妻魅星と、「役にたたねーなゴルァ!」という母性の獣ガルガル魅星が私のなかにいた。
旦那と「妻」の判断で、旦那は隣で仮眠。
気を紛らわす為の呪文は、「キューピーたらこパスタ」の歌 に。エンドレスに続けられるから丁度良かったらしい。
たぶんこの辺りから若干おかしくなってた。


06:00
陣痛は4分~3分30秒くらい、持続は1分30秒前後。 いきみたいがまだいきんじゃいけない!と必死に痛みを逃す。必死過ぎてあまり叫ばなかった。気がする。
旦那は「呼吸で痛みを逃がせてるうちはまだまだ」だと。私子ギブアップ。
まだ自宅なのに、ここ(病院で凌ぐ陣痛)から初産早くて12時間、とか無理だと思った。「むり、もうだめ」 連発。
足先の冷えのせいか、全身がガクガク震えて小鹿状態。うまく喋れないので旦那に病院へ電話してもらう。

病院に来てくださいと言われる。 頭の中は無痛分娩か帝王切開にしてもらう事でいっぱいだった。
自宅を出る時には2分30秒間隔で1分30秒の痛み。
車の助手席に座る私は、さながらドラマに出てきそうな産気づいた妊婦そのものだったと思う。


07:00 病院着
陣痛室で30~40分モニターをすると言われるも、内診してみたら既に子宮口10cm全開! そのまま分娩台に連行される。
なんだよ、この痛みはゴール間近だったのかよ!

身支度と点滴等の用意をされた後、若干放置気味に。 これどうしろとwww いきみたい!いきみたい!!
とりあえずGO言われるまではまだいきんじゃいけないのかな、と痛みを逃す。正直、出そうだった。
どうやらこの日、計画分娩2人、まだかかると帰された人2人、計画分娩だけど間違えて1日前乗りしちゃった人、昨晩からいる人などで大盛況だったらしい。
そんな中、私重役出勤の一番乗り。

暫くしてモニター見ながら助産師さんが「次お腹が張ったら、いきんでみようか~」とGOサイン。
でも分娩の瞬間てめちゃくちゃ痛いんでしょう?と若干ビビりながらだったせいか、中々上手にいきめず。
それでも繰り返しているうちに「頭が見えてきた~」と言われたり、「痛いはずなのに冷静~」とかおだてられてしっかりいきめるように。
ていうか出さなきゃ眠れないしという気持ちもあった←本音
旦那はここらへんで立ち会い開始、いきみやすいように首を支える係。一生懸命してくれたけどあんまりいらなかった(支えてもらうような力加減では産まれない)。

しかし初産、 いきみ方が一押し足りないのか、「もうちょっと」から中々進めない。もう出ると判断されたのか予定が詰まってたからなのかは分からないが、先生に破水させてもらう。

そこからは早かった。
また「分娩の瞬間てめちゃくちゃ痛いんでしょう?」とよぎってしまいいきみきれず、赤ちゃんの頭が出たり入ったり。
女医さんも助産師さんも「またひっこむ…」と若干不思議顔。すみません。
そうこうしてる間に産道が裂けちゃったらしく、出血(私は全然分からないけど)。
すぐに「切開してお手伝いしますね~」と女医さんに麻酔を打たれ、次のいきみで助産師さんが赤ちゃんの頭をしっかりと掴み、私は訳も分からず「ハーハーしてね~もういきんじゃダメよ~」と言われ(*´д`*)ハァハァ。




09:04
つるりん!(オギャー!)

で、出たっ…!(°Д°)


1915508121_62.jpg
3158gの出川哲郎氏似の女の子!

おかしいな、赤ちゃんはガッツ石松氏か笑福亭鶴瓶氏だと聞いてたのに… (笑)


軽く処置をしてもらってから抱かせてもらい、写真を撮ってから赤さんは旦那と一緒に測定やら診察やらへ。
その間に切開の縫合をしてもらう。麻酔あるし我慢できる痛みなんだけど、なんていうかこう幸せな痛みじゃないからつい「イテテッw」と声がねw
しかし、可愛い系の女医さんだったんだけど、処置してるときの顔は鷹だった。当たり前だけどね。


私も赤さんも処置が終わってから、そのまま分娩台で2時間親子3人で休憩。
自分のしゃっくりが嫌らしくふにゃふにゃ怒る娘をあやしながら、初乳をあげる。
ちゃんとんくんくしてくれる。感動。


車イスで病室まで運ばれ、すぐにお昼御飯だったので旦那に半分ほど食べさせてもらい、薬を飲んで昼寝。

その後、回診があったり親が来たりして今に至る。


一番の修羅場は、実は子宮口全開でゴール間近だったのに、ここがスタート地点と思い込んでた朝6時。

これから憂鬱なのは、切開縫合痕と母乳マッサージの痛さ。



まぁ明日になったらそんな悩んでる暇もないんだと思うけど(笑)
とりあえず、母子(夫も)共に元気でよかった!





殴り書きでしたが、娘爆誕記録でした(о´∀`о)ノ



---------- 追記 -----------

【出産の状態】
妊娠期間:39w6d  分娩経過:頭位  分娩方法:正常分娩
分娩所要時間:9時間10分  出血量:中量(625ml)  輸血:無

性別・数:女・単
計測値 体重:3158g  身長:50.0cm  胸囲:33.5cm  頭囲:33.0cm

【出産後の母体の経過】
子宮復古 良  悪露:正  乳房の状態:良  血圧:104/68  体重:妊娠前+200g




関連記事
スポンサーサイト
テーマ:初めての妊娠・出産・育児
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック