旧星夜の雑記帳です。 主に趣味の事や子育ての事がダラダラと書き綴られます。 暴走する事もあるので閲覧注意(ぇ
かんざし・手毬飴・スノードロップ
2013年01月21日 (月) | 編集 |
ちまちま色々作っていたにも関わらず、このジャンルの更新が半年以上経っていたことに驚愕\(◎o◎)/!

夏の終わりくらいから、かんざしブームが来てました。
市販の金属製パーツのかんざしではなく、やさしい木のかんざしが作りたくて…でもパーツショップに売ってないし…
で、類似品から自作しました(゚∇^d)

P1010134.jpg
はい、お箸です\(^o^)/

好みの形のお箸を買ってきて、好きな長さにカット。
それから鉛筆削りで先端の形を整えて、ヤスリをかけてニス…は無かったのでマニキュアを塗りました(ノ´∀`*)
P1010146.jpg
それから飾りをつけたい所にミニルーターで穴を開けて金具パーツをつけて、かんざし本体の出来上がり!!
そこに好きな飾りを作って装着すればいいというわけです。簡単\(^o^)/


で、せっかく樹脂粘土をかじっているのだから、飾りも手作りで。
何にしようかなーと考えた結果、可愛くて美味しそうな飴をつけることにしました(*´¬`)
ターゲットは「手毬飴」。
白い玉に模様を貼り付ける方法と、色と白を棒状に重ねて伸ばしてカットして丸める方法があるみたいだったので、両方試しました。
P1010155.jpg
上の段が模様貼りバージョンで色濃い目、下の段が金太郎飴バージョンで色薄め。私は金太郎飴バージョンのほうが作りやすいと思いました。
左が乾かしたまま、中央がニスを塗ったもの、右が粉砂糖をまぶしたもの。
う~ん…どれもまだ飴っぽくないかな・・・(´・ω・`)

P1010054.jpg
本物が入っていた袋に樹脂粘土の手毬飴を入れてみた、の図。

P1010136.jpg
試しにとりあえず飾りをつけてみたかんざし達。
一番左の黒いかんざしが、手毬飴(?)をつけてみたもの。友達には「かわいい!手鞠麩??」と言われましたorz
手毬的な何かには見えるということでっ…!(>_<)






そして、ずっと作りたいと思っていたスノードロップのピアスもようやく手をつけました!

こちらがそのスノードロップ。
P1010125.jpg
名前の由来が、「雪の雫」とか「雪の耳飾り」に見えるだとか言うところからきている、春を告げる花です(ノ´∀`*)
たまに、スノードロップ(待雪草)スノーフレーク(大待雪草/鈴蘭水仙)を間違えている方がいますが、ベツモノです。
同じヒガンバナ科の花ですけどね。
スノードロップが冬の終わりから春先にかけて咲き、スノーフレークは春に咲きます。
スノードロップは3羽のプロペラを閉じたみたいな花です。スノーフレークは鈴蘭のような釣鐘型の花です。

で、グレイスを使って形にしてみました。
P1010113.jpg
着色はパールホワイトと普通の白、緑の絵の具です。内側の花びらの模様は、後から描きました。
予想より濃い目の色になってしまいましたが、まぁセーフ…?w
ポストにストーンがついている物を使って、誤魔化すっ( ´艸`)

めしべ・おしべがある辺りにストーンをつなげたら、ゆらゆらキラキラしてかわいいかなー?

P1010101.jpg
本物と並べてみました。…似てる?( ´艸`)

こちらは、ツイッターで騒いでいた蜂蜜ブームで作りたくなった、蜂の巣(ハニカム)のはちみつパーツ。
左上の試しに蜂の巣にはちみつかけてみたものは、はちみつ厚塗りになっちゃうし濃いし(; ・`д・´)
リトライ!という事でハニカムを作り直しました。春までには実用レベルに持っていきたいなー(ノ´∀`*)
P1010100.jpg
右上にあるのは、先日の成人式の日に大雪だったことに感化されてつくった氷柱です。
全然つららっぽくない\(^o^)/
まずは氷の作り方から勉強したいと思います(´・ω・`)

---------- オマケ -----------

食べかけでゴメンナサイ(>_<)
P1010163.jpg
こちらが、はちみつブームのきっかけになった、コームハニー(巣蜜)。
独特の食感で、あっさりしてて、と~っても美味しい。まるごと食べます( ´艸`)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック