旧星夜の雑記帳です。 主に趣味の事や子育ての事がダラダラと書き綴られます。 暴走する事もあるので閲覧注意(ぇ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘、入院中あれこれ
2013年12月27日 (金) | 編集 |
娘@入院中の記録ですヾ(゚ω゚)ノ゛
※シモの話もあるので苦手な方は注意してください

娘、爆誕!娘、生後0ヶ月メモ

娘、爆誕!の後、入院中のほぼ自分用あれこれメモです(*´ω`*)



【入院中】
P1000084-2.jpg P1000069-2.jpg P1000070-2.jpg
当日の写真ではないけれど、写真のような秋晴れの日に出産でした。
トイレ付きの個室も、陽が射していい感じ(゚∀゚)

出産当日(0日目)
9時過ぎに出産、そこから2時間分娩台で安静、車椅子でベッドに移動、お昼ご飯、旦那一度帰宅、実両親面会、おやつ、旦那と義母面会、夕飯。
要所要所に回診があった気がする。夜中、後陣痛らしきもので中々寝付けず。ロキソニン服用。



出産翌日(1日目)
筋肉痛は無いけれど、後陣痛、会陰切開縫合痕、乳張りがとにかく痛い。
ホント助産師さんによる乳腺開通マッサージがとにかく痛い。でも詰まったままだと、うつ乳→乳腺炎になって痛いどころじゃない事になるからひたすら耐える。

もう本当に痛くて「ちょw痛いっw待ってくださいいいいwww」とか言っちゃう。
でも助産師さん達も慣れてるから、「赤ちゃんのために我慢しましょうね~」とか言いながら後ろからがっしり乳掴んで搾る。羽交い絞め。
もうひとり産むから勘弁してくださいの痛さ。分娩余裕だったのに乳マッサージは半泣き。たまたま居合わせた旦那、「産むときより辛そうだ…(; ・`д・´)」と壮絶な絵ヅラに若干引き気味。
でもおかげ様で、うつ乳にトラウマを持った私は退院後も食事に気をつけたり、電動の搾乳機を買ってせっせと搾りながらマッサージしたりで母乳たくさん出るようになりました。だってあんな痛い思いはもういやだもの(ry

で、赤に授乳しに行ったり、旦那と連絡取ったり、おめでとうメールに返信したりして過ごす。



2日目
この日から母子同室になる。朝ごはんを済ませたらナースセンターから呼び出しがあったので、娘を取りに行く。
開始5分でさっそくウンp。すぐまたウンp。そんなに慌てなくても…(笑)

昼ごろ、初めて数値で見え量母乳を飲んでくれる。昼間4g、夜中14g~12gだったとc⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...
(授乳前後に赤ちゃんの体重測定→増加量が飲んだ母乳の量)

赤の世話やら回診やらの合間に、出産一時金の説明をされたり、シャワー浴びに行ったり。午後から実母が面会に来る。
義母と義叔母と義祖母も来る。部屋に赤がいるとは思ってなかったみたいで、「もう一緒のお部屋なのね~!」と。

夜は、楽しみにしてたハリ○タ最終回がロードショーでやるなー見たいなーと思ってたら、放送時間中ほぼ寝ててくれたよいこwww



3日目
深夜~明け方まで盛大に夜泣きされる。ほぼずっと抱っこしてた。

そして母乳に血が混ざっている「血乳(けつにゅう)」である事が判明。
この血乳、飲ませても問題ないけれど、血の味がして美味しくないし、鉄分でウンチが黒っぽくなって赤ちゃんの健康状態の判別がしづらいから、ミルクにした方がいいらしい。
血乳が治まるまで搾乳する事になったけれど、自分でうまく搾れなかったので電動搾乳機を借りる。文明の利器は(;´Д`)スバラスィ

朝、検査で赤が連行されて行き、帰って来たときに足型をもらう。7.2cm。
足型


土曜日だったので、旦那が出産当日以来の面会にやってくる。いろいろ足りないものを持ってきてもらう。爪切りとかママの身なりを整える道具を。
あと退院後の生活について&沐浴指導があっり、旦那も参加おkだったので一緒に受ける。パパも参加したのはうちだけで肩身が狭かった(´・ω・`)

3~4時間おきに授乳、合間にオムツ交換もあるので意外とゆっくりする時間がない。
けどまだ赤と一緒@1日目なので元気&出産ハイなので会陰縫合痕と乳マッサージが痛い事以外の不満なし。
円座クッション(固め)大活躍。

義母も面会にやって来る。赤にミルクを飲まさせてあげたら嬉しそうだった。この日は旦那と一緒に帰って、夕飯も面倒見てくれた模様。



4日目
夜中ギャン泣き。巡回の助産師さんに、「ミルク足りないのかな?もう20ml増やしてもいいかもね。残したら残したで~」と言われる。40ml→60mlにランクアップ。飲んだ後落ち着くように。
退院の説明を受ける。

義父が面会にくる。旦那の夕飯の面倒を見てくれた模様。



5日目
退院の日。割と適当で「何時でもいいですよー、でもお昼ご飯は出ませんからお腹が空かないうちにね~」みたいな感じで逆に困ったw
10時に旦那に来てもらって、赤の面倒見てもらってるうちに自分の支度をして退院。ていうか外めっちゃ寒っwww
入院中に一気に秋→冬になってて浦島太郎状態。陣痛始まったときには半袖シャツ着てたような…(; ・`д・´)

そのまま区役所に行って出生届提出&諸々の手続き。でもこれがしんどかった。
月曜日の午前中なので、鬼混み。1時間強かかった。
手続きは旦那がしてくれたけど、赤とふたりで待ってるのがもうしんどくて…縫合痕が痛いから椅子には座れないし、かといって横にもなれないし…
授乳室はあったけど、薄暗いし薄汚れてるし息苦しい感じで3秒で退室しました。

そんなこんなでヒィヒィ言いながらやっとこさ自宅へたどり着き、一息。
買ってきたお弁当を食べ、赤の世話をして里帰り先である実家へ着いたのは15時過ぎでした。
とりあえずそっこー布団にダイブ。

夜落ち着いてから赤を沐浴させる。沐浴指導で一度見ただけの旦那、ベビーバスは出来ないという父、手荒れが(本当に)酷くて出来ない母…やるのは私か!
一応保育師免許持ってるので沐浴には不安はないけれど、背中も腰も膝も痛くて、かがむ体勢が辛かったwww
下の弟がお湯の準備と片付けをしてくれるのがすごく助かった。いつもなら旦那がやってくれるんだけど、さすがに私の実家だからねw

今日は有給取ったけど、明日からは仕事なので旦那はこの後帰っていった。
この夜から、親きょうだいを(夜泣きに)巻き込んだ里帰り生活が始まるのでした。




里帰り中の記録は、また別の記事でヾ(゚ω゚)ノ゛





スポンサーサイト
テーマ:** 0歳BABYとの生活 **
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。